ホーム > 多焦点レンズが先進医療から外れます。

多焦点レンズが先進医療から外れます。

 

2020年3月末をもって多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術が先進医療から外れることが決まりました。

データソース: 産経Biz 、 朝日新聞デジタル

4月以降、多焦点眼内レンズを用いた白内障手術がどうなるかはまだ未定です。

 

これまで案として出ている情報によると

①通常の手術との差額を自費で支払う選定療養という形で、高額な多焦点レンズ代金を支払うことになる。

②全て自由診療となる「手術代金+多焦点レンズ代金+前後の検査+薬代金」=このすべてにおいて健康保険が使えなくなる(自費)。

などが想定されているようです。

 

いずれにせよ現行のままの先進医療としての取り扱いからは外れ、医療保険などの先進医療保障(特約)が使えなくなります。

 

先進医療をご希望される方はお早めに手術を申し込まれるようお勧めいたします。

 

2020.02.04



診療カレンダー

診療時間

診療時間

※土曜日は第1.3.5土曜日のみ診療
※火曜日・木曜日の午後は手術のみで外来診療は行いません。
※初めてのコンタクトレンズ処方の受付は午前10:30(土曜日は11:00)まで、午後は15:30までとなります。

お問い合わせはこちら

やわたアイクリニック

〒819-1311
福岡県糸島市志摩津和崎61

地図